在来工法

セールスポイント

①自由設計こだわりを持った、自分らしい住まいを提案します。
②環境との調和その場所にしか造ることが出来ない、気候風土に適した住まいが作れます
③増改築が自由自在ライフスタイルの変化による改修・増築工事にも対応できます。
また、既存建物への増築も自由自在!!
④納得のいく家づくり工事中でも進行状況にあわせた現場打ち合わせで、変更にも対応できます。
顔の見える・心が通う家づくりで、不安解消!!

ソーラーサーキット工法(SC工法)

日本の昔の民家のように風通しがよくて爽やかな家。 北国の厳しい寒さも寄せ付けない封鎖型の家。 この二つのタイプのよさを一つの家で両立させたい。 そのような考え方のもとに、研究・開発されたのが、「ソーラーサーキット工法」です。 外断熱・二重通気という概念を採用したこの木造の家では、家の中の温度差が少なくなり、 さらに通気層を流れる空気が余分な熱と湿気を排出して、常に木材の好条件を保つことが可能。 「自然エネルギーによる快適な室内温熱環境の創出」という日本建築の思想が、高い次元で実現された、まさに理想に近い木造システムです。

通気と断熱

ソーラーサーキットの家は、室内を外壁・断熱材・内装材で3重に包み、 それぞれの間に「風の通り道」を設けて排熱・排湿する独自の「二重通気構造」が特徴。
加えて、高い断熱性・強度・透湿抵抗の性能に優れた板状断熱材が、屋根裏や柱・梁といった構造体から基礎廻りまで、家全体を外側から切れ目なくすっぽりと包み込む、断熱性・気密性に優れた「外断熱工法」も特徴としています。

日本の家

夏暑くて冬寒い、加えて多雨多湿の日本の気候。 明確な四季があり、日・年較差が多いこの国の気候事情を十分に考え、 「住みごこち」をテーマに室内温熱環境を中心に研究した結果、完成したのが「ソーラーサーキット工法」です。 季節に合わせて衣替えする不思議な日本の住宅です。

開けて閉めて

ソーラーサーキットの家には、床下と小屋裏に「SCダンパー」と呼ばれる小さな窓がついています。 暑ければ開ける、寒ければ閉める、あたりまえですが、この小窓のおかげで通気性と気密性、相反する2つの機能を持つ家が現実となりました。

ナビゲーションシステム

暑さを感じること、寒さを感じること
晴天のとき、雨のとき、風のとき、気候は敏感の変化をしています。 一日のうちでも朝を昼と夜では温度が異なります。 また、市街地・郊外などの周辺環境も温度に影響します。 こうした変化、環境の差を機敏に感知するのが、SCナビゲーションシステムです。 寒暑に応じて着衣をこまめに脱ぎ着するように 気密(閉じる)と通気(開ける)を自在のコントロール。自然をより上手に使いこなします。 気候の変化で左右される室内の温度変化を抑え、快適で心地よい住環境を創ります。 だからSCナビゲーションシステムの家は、自然の心地よさが家族の喜びを包みます。

外断熱・二重通気工法+全館除湿『リフレア』

四季の暮らし方のイメージ

外断熱・二重通気工法®(SCナビシステム®)が、外気温度変化を感知して通気のためのダンパーを自動開閉することで自然の心地よさを活かします。そして、リフレアならではの全館除湿と外気清浄という最新の機能の組み合わせで自然のエネルギーを大いに活用しながら365日24時間の快適さを追求します。


「SCの家」ホームページへ

ターミメッシュフォームシステム

ノンケミカルの物理的防蟻工法

「ターミメッシュフォームシステム」は、シロアリが通過できず、 シロアリの分泌物に侵されないステンレスメッシュを基礎外断熱部、 基礎埋設配管周辺部及び基礎外周コンクリート打継部に隙間なく埋設することで、 土中にひそむシロアリ(ヤマトシロアリ・イエシロアリ)の侵入を物理的に阻止する基礎外断熱メッシュ防蟻工法です。 シロアリ頭部より小さな網目のステンレスメッシュを確実に施工することにより、長期に安定した防蟻性能を発揮します。


「SCの家」ホームページへ

地震対策

地盤調査

住まいを建てるにあたって、一番大切なことはなんでしょうか? 「地震に負けない丈夫な構造」「生活スタイルを十分に考慮した理想的な間取り」「シンプルでモダンなデザイン」etc、 人それぞれ違いがありますが、想いが込められた住まいも、地盤が悪ければそれを支える事ができません。 当社では、着工前に「超音波表面探査法」または「スウェーデン式サウンディング試験」を行い地盤の支持力を確認します。

耐震構造

2000年に改正された建築基準法により、震度6強以上の地震が起きても、 建物は倒壊せずに避難を可能にするという、地震に対する建物の基準が明確になりました。 壁のバランスの良い配置・柱や筋交いの接合部の強化など構造チェックを行い、 筋交い金物やホールダウン金物を使って、建物をがっちり固めるのが「耐震構造」です。

制震構造(GAV工法)

地震の揺れに耐えるのではなく、揺れのエネルギーを特殊なゴムによって吸収し、2/3~1/3に弱めるのが「制震構造(GAV工法)」です。 免震構造に比べて大掛かりな装置を必要とせず、比較的低価格で導入できます。 通常の木造軸組み工法の耐力壁(筋交い)は、柱の根元から柱の上部へ「X」あるいは「/」に施工しますが、 「GVA工法」は、耐力壁に加えダイアモンド型のフレームの端部に特殊な金物で固定します。

「GAV工法」(PDFファイルを開きます)
ページの先頭へ