NO22・駒ヶ根市S様邸

長年親しんだ家のお座敷を残し、新たな生活空間を増築し夏涼しく、冬暖かい快適な生活送ることができる
ソーラーサーキットを設置した住宅の完成見学会を18日、19日の2日間行います。 
2つの違う「住宅空間」の融合と「暮らしやすさ」を考えて建てられ、
長野県産の無垢材を使った柱や梁を初め、ロフトの自由な空間など、部屋の解放感や木のぬくもりがあふれる住宅です。

こだわりポイント
長野県産の無垢材の梁や柱を使用しました。
ページの先頭へ